リロケーションとは

リロケーションという言葉をご存知でしょうか。
転勤した時など、自宅を留守にするまたは売り出す、もしくは賃貸契約を解消しますよね。
持ち家がある場合は、留守宅にしておいて転勤先で賃貸アパートなどを借りる方が多いでしょう。
かつては一部大手企業では、転勤時に留守宅となった家を他の社員に貸し出すという借上社宅制度というものを設けている企業がありました。
この、転勤時などの留守宅を賃貸することをリロケーションと言います。

法人契約によるリロケーションなどもあったものの、中々一般化はしませんでした。
戻ってきたときに、一度貸してしまった家が明け渡してもらえる保証がないのです。
1992年の借地借家法では、期限付借家権が創設されました。
2000年には、定期借家権が制定され、転勤者は期限を設けて自宅を賃貸できることとなったのです。
リロケーション市場は今や拡大の傾向にあります。
リロケーションを専門とする業者も出てきているので、取り入れていない企業の方でも留守宅を無駄にせず、有効活用できるようになりました。

借りる側にとっては、5年定期借家の場合5年以上は更新できません。
ですが、2年ごとにある更新料が必要ないというメリットもあります。
賃貸物件の1タイプとしてリロケーションはどんどんと広まっています。
貸す側にとっては、リロケーションによって転勤時でも不動産所得を得ることができるわけです。
双方メリットのある方法だと言えます。
ですが、デメリットや注意事項も存在しています。
当サイトでは、リロケーションによって不動産所得を得る際のメリットやデメリット、そして詳しい方法についてご紹介します。


▽特選サイト
リロケーション会社が運営する家賃の査定サイトです・・・リロケーション会社

Copyright © 2014 リロケーションで不動産所得を得よう! All Rights Reserved.